アジアのカケラ

- Something from around Asia -

タグ:名取市 ( 10 ) タグの人気記事

PHOTO REPORT ~ 黄ニラづくし ~ 名取@宮城

d0080957_22371368.jpg
2012-9-20
黄ニラとタマゴと豚肉の炒めもの



 ホワイトアスパラガス。
 白長ネギ。
 チコリ。
 ウルイ。

 太陽の光を遮って育てると、ある種の野菜は葉や茎が緑色にならず、白いまま成長します。
 これを軟白栽培と言うそうです。
 軟白栽培で育てられた野菜は柔らかく、甘みも増します。
 深窓の令嬢的な野菜の育て方なんですね。


d0080957_22371846.jpg
黄ニララーメン





 黄ニラ。
 一般的に食べているニラは濃い緑色をしていますが、軟白栽培されたニラはほんのり黄色味のかかった白いニラに育ちます。でも白ニラではなく黄ニラと呼ぶそうです。
 軟白化しているとはいってもニラなので辛さや独特の香りがありますが、葉は柔らかく、生でかじると甘みがあります。
 生のまま味噌を付けて齧ったり、おひたしにすることもできるようです。

 火を通すと辛味が薄まり食べやすくなります。
 さっと湯がいてポン酢をかけたり、刻んだ黄ニラをお椀に入れてそこにお味噌汁を注ぐくらいでいい塩梅に熱が通ります。
 もちろん炒め物にも適していて、更に甘みが引き立ちます。他の具材を炒めてから火を止めて、余熱で調理するのがベストです。火を入れすぎるとシャキシャキした歯ごたえがなくなってしまうんですね。
 ネギなどの代わりに薬味としても使えるそうです。


d0080957_22372248.jpg
黄ニラ入り、茄子と豚肉の甘酢炒め



 国内黄ニラの7割近くが岡山県で生産されていて、2位の栃木県を大きく引き離しています。
  栽培面積    13ha(全国1位)
  生産量    102t(全国1位)
  岡山県内の主な産地     赤磐市、岡山市牟佐地区、美咲町
 
 名取産の黄ニラは、名取閖上さいかい市場内「中華料理 豊華」さんのメニューに10月から加わる予定です。餃子に使われているニラは黄ニラではないですが、齋藤さんが育てたニラです。有機肥料を使った無農薬栽培です。


 黄ニラは高級食材なんだそうです。
         高値    中値   安値 (円/kg)     
   青ニラ   772    602    434
   黄ニラ  2,954   2,260   1,486
   (岡山中央卸 売市場2011年3月~2012年2月平均)


 ニラより栽培に手間はかかりますが卸値が高く、『栄養価が高く、スタミナが付く食材として利用されている。ベータ・カロチンやビタミンA、ビタミンC、カルシウム、リン、鉄などのミネラルに富み、匂い成分のアリシンがビタミンB1と結合してその吸収を良くし、代謝機能、免疫機能を高め、疲労回復に役立つ。また、整腸作用があり、昔より胃腸(特に下痢)に効く野菜として親しまれ』(ウィキペディアより)るような、良い所づくめの黄ニラ。

 興味のある方は以下を参考にしてください。




 ◯名取市の黄ニラに関する連絡先
  『オシヨス技研』
   代表 : 齋藤義雄
   場所 : 宮城県仙台市太白区四郎丸字吹上73-14
   電話 : 022-242-2393
   メール : oshiyosgk@yahoo.co.lp


 ◯関連ホームページ
  『JA全農おかやま 岡山の八百屋 さご丸

  『で~れえェ!!! 黄ニラ大使


d0080957_2240123.jpg
ニラの花




/* ----- 名取市 - 宮城 - 2012 - Nikon D700 ----- */



[PR]
by kidai_y | 2012-09-22 23:22 | 写真:日本

PHOTO REPORT ~ 黄ニラにかける情熱 ~ 名取@宮城

d0080957_19442412.jpg
2012-9-20_17:19



 東北での黄ニラ栽培に情熱を注ぐ齋藤義雄さん(66)所有のニラ畑。
 緑のニラの中に黒い筒が並んでいて、その筒を開けると中から白いニラが顔を出します。

 齋藤さんは2000年頃から宮城県名取市で黄ニラ栽培を始めました。
 2006年、定年退職を機に本格的に黄ニラ栽培に取り組むようになります。
 試行錯誤を続けながら黄ニラ栽培に取り組み、宮城大学などと一緒に研究を続け、現在では黄ニラ栽培における大きな2つの問題点を克服したといいます。

d0080957_19443386.jpg


黄ニラ栽培における2つの問題


 「遮光方法」
 黄ニラが作られ始めた明治~大正の頃は、土や藁を被せることで日光(紫外線)を遮っていました。その後、トンネル状にした遮光シートで畝ごとに覆う方法が一般的になりました。
 しかしこの方法だと部分的に生育具合をチェックするだけでも、長いシートを取り外さなければなりません。
 またニラは温度管理が難しく、太陽に照らされ黒い遮光シート内の温度が上昇すると、熱により葉にヌメりが出てしまいます。
d0080957_19443658.jpg

 それを解決するのが、バケツをかぶせたような黒い筒。
 上部の蓋を外せば育ち具合が簡単にチェックできますし、太陽光を通さないように角度を調整した通気口が空いているので内部温度の上昇を防ぐことができるようになりました。前回の記事でアマガエルが顔を出していた穴です。

 「緑化防止方法」 
 斉藤さんが自慢の黄ニラを近くの野菜直売所に出したときのこと。
 店内に並べておいた黄ニラが、時間が経つにつれて徐々に緑色に変わっていってしまったのだそうです。これでは黄ニラではなく普通のニラになってしまいます。
 原因は店内の蛍光灯や水銀灯などから発する紫外線でした。刈り取った後でも反応してしまうのです。

 対処法は、刈り取った後出荷する前に紫外線に当てること。矛盾しているようですが、一定の量を浴びるとその後は色の変化がある程度抑えられるのだそうです。
 黄ニラ産地である岡山では、稲穂の「はさがけ」と同じやり方で黄ニラを日光浴させています。しかしこの方法だと天候に左右されてしまうのが問題です。
 それを解決したのが「殺菌用紫外線照明」でした。これにより、雨の日でも収穫、出荷が可能になりました。




d0080957_19443913.jpg


黄ニラにかける夢


「私の夢は、黄ニラの栽培施設を作って安定供給でいるようにすることなんです」
 そう嬉しそうに語る齋藤さん。
「震災後、津波の被害によって耕作が難しくなってしまった宮城県沿岸部の農地を利用して、農産物の工場を作る話が増えています。そんな工場まではいかないですけどね」

 仙台空港のそばにあった齋藤さんの畑は津波で流されてしまい、今は同じ名取市内の別の場所で黄ニラ栽培を行なっています。 
 ゼロからの再スタートとなったわけですが、黄ニラにかける思いはこれまでよりも強くなったのではないでしょうか。

 1,424㎡の畑で、3,122株のニラを栽培しています。
 黄ニラと青ニラの作付割合は8:2。
 ニラの生育時期である6月~11月の間に3回収穫します。
 収穫量は983kgになるそうです。
 
 名取市が、黄ニラ収穫量全国2位になる日が来るかもしれません。

d0080957_21251986.jpg
息子の毅さん(左)と齋藤さん






 『オシヨス技研』
   代表 : 齋藤義雄
   場所 : 宮城県仙台市太白区四郎丸字吹上73-14
   電話 : 022-242-2393
   メール : oshiyosgk@yahoo.co.lp





/* ----- 名取市 - 宮城 - 2012 - Nikon D700 ----- */



[PR]
by kidai_y | 2012-09-21 21:28 | 写真:日本

PHOTO REPORT ~ 照れてるわけじゃないんです ~ 名取@宮城

d0080957_2116047.jpg
2012-9-20_17:08



 黒い筒の中から出ているこの白い葉っぱは?

 高知県と栃木県で国内生産量の4割以上を占め、作付面積は福島県が1位。

 万葉集には「久々美良」という名前で登場しているそうです。


d0080957_211639.jpg



 答えは、明日の記事で。


/* ----- 名取市 - 宮城 - 2012 - Nikon D700 ----- */



[PR]
by kidai_y | 2012-09-20 21:59 | 写真:日本

PHOTO REPORT ~ 早く土に触りたいけれど ~ 名取@宮城

d0080957_22163161.jpg
2012-7-10_17:02



 農林水産省が発表した「東日本大震災に伴う被災農地の復旧完了面積(2012年3月11日現在)」
 これによると、東日本大震災で被害を受けた12県(青森、岩手、宮城、福島、茨城、千葉、山形、栃木、群馬、埼玉、新潟、長野)の農地面積は24,477haにも及びます。

 太平洋側6県だけで24,026ha。
 その中でも岩手県、宮城県、福島県の3県だけで90%を占めています。

 3県の被災農地面積全体に占める、津波が原因による被害の割合は

   岩手県・・・約60.0%
   宮城県・・・約98.5%
   福島県・・・約92.1%

 津波がいかに農地にダメージを与えたのかを示しています。



 3月11日時点の調査で復旧が完了したとされる農地面積は、

   100%・・・千葉県、山形県、群馬県、埼玉県
   90%以上・・・栃木県(98.0%)、青森県(94.4%)、茨城県(90.1%)
   60%以上・・・新潟県(73.5%)、長野県(69.5%)

 内陸部の県を中心に復旧がかなり進んでいます。
 しかし津波による農地被害面積が大きい3県ではほとんど進んでいません。

   岩手県・・・22.2% 
   宮城県・・・33.3%
   福島県・・・9.3%



 このように被災から1年を過ぎていても、津波で被害を受けたほとんど農地が復旧していないのが現状です。特に放射線被害による立ち入り禁止区域等が存在していている福島県は全く手が付けられていないと言えます。
 進捗が遅い原因として、宮城県は除塩作業が進んでいないこと、福島県は立ち入り制限区域があることなどがあります。
 農林水産省は、11年8月26日に策定した「農業・農村の復興マスタープラン」に沿っておよそ3年間での復旧完了を目指し、来年の春までに被災面積の65%、14年春までに88%の再開を目標としています。


 ※この被災農地面積は、軽微な被害も含め主に地割れ・液状化・埋没・土砂流入等によるものなので、放射性物質が検出されたこと等により福島県内で作付制限されている農地は含まれていません。


d0080957_22163641.jpg



/* ----- 名取市 - 宮城 - 2012 - Nikon D700 ----- */



[PR]
by kidai_y | 2012-07-23 22:28 | 写真・東日本大震災

PHOTO REPORT ~ 元祖ゆりあげ水餃子 豊華 ~ 閖上@宮城

d0080957_2001044.jpg
2012-5-27_9:22



 1年ぶりの「ゆりあげ港朝市」はお客さんの人数が随分多くなっていた。着いたのは午前9時頃で、6時から開いていることを考えれば「朝市の賑わい」はとっくに過ぎているはずだが、それでも駐車場に並んだテントからは魚屋の客引きの声が聞こえ、通路は人で溢れていた。
 
 そのテントの中で一際目を引く行列ができている店が「元祖ゆりあげ水餃子 豊華」さんだ。まだ30人ほどのお客さんが並んでいた。ラーメンや肉まんも人気だが、みんなのお目当てはなんといっても「キムチたっぷり乗せ水餃子」だ。
 茹であがった鍋から大ぶりの水餃子を手際よく器に掬い上げ、軽くタレをかけて完成、ではない。受け取ったお客さんは傍に置いてあるキムチの壺から好きなだけ水餃子の上に乗せてできあがりとなる。好みもあるけれど、ちょっぴり辛くてあっさり目のキムチが分厚い皮のモチモチのした水餃子に良く合うのだ。
 次々に熱々の水餃子をお客さんに手渡したりお勘定を受け取ったりしながらも、オーナーの早川礼子さんと娘さんの元気な声は途切れることがない。知っている人が来れば言葉を交わし、初めての人には愛想良く挨拶する。
 後で聞いたら、この日は2,500個ほどの餃子が出たそうだ。
 食べ物が美味しい、というのはもちろんだけれど、作り手の気持ちが伝わってくるから余計に美味しくなるのだろう。

d0080957_2001646.jpg

d0080957_2001897.jpg

d0080957_2002264.jpg

d0080957_2002564.jpg

d0080957_2002856.jpg

d0080957_2003147.jpg

d0080957_2003371.jpg

d0080957_20058100.jpg





 名取市閖上地区は震災による津波で甚大な被害を受け、毎週日曜にゆりあげ港朝市が開かれていた場所や機材が保管してあった建物もなくなってしまいました。しかし2011年4月17日にはイオンモール名取の駐車場で再開し、今も続いています。
 先日5月14日、ゆりあげ港朝市がもともとの閖上港に再建されることが決まったとの報道がありました。名取市とセルコホームが共同申請した「閖上みなと朝市再建事業」が「カナダ-東北復興プロジェクト」の支援を受けることになり、カナダ産木材の提供を始め150万カナダドル(約1億2,000万円)の資金援助を受け早ければ2012年8月に着工し、来春のオープンを目指すとのことです。

 閖上地区には最大8.5メートルの津波が来ました。周辺は平坦な地形で、近くの丘ですら6メートルしかなく近くに逃げる場所がなかったために地区の住民の1割以上、700人強の方が亡くなりました。このため復興計画では港付近は非居住区域の「産業・観光ゾーン」となります。

 30年以上も続くゆりあげの朝市がもとの場所に復活すれば観光客やお客さんが増えるでしょう。
 そうなれば行政や市場を運営する側は地元の住民だけではなく、それ以上に集まるであろう外からの人々の安全を考えなくてはなりません。住民への情報連絡もままならないことが多いのに、外部の観光客に伝えるにはどうすれば良いのでしょうか。
 しっかりとした防災対策のもと、昨年の震災を踏まえた新しく安全な仕組みやまちづくりをしてほしいですね。

d0080957_2011117.jpg
朝市の様子

d0080957_2011326.jpg
昨年(2011年)5月に比べ、ずいぶんお客さんの人数が増えました。



/* ----- 名取市閖上 - 宮城 - 2012 - Nikon D700 ----- */



 「本格中国料理 豊華(閖上さいかい市場店)」
 場所:宮城県名取市美田園7丁目1-1 閖上さいかい市場C棟1
 時間:10:00~21:00
 定休:水曜日
 電話:080-3336-7555



 「ゆりあげ港朝市」
 場所:イオンモール名取 西側駐車場 (名取市杜せきのした五丁目3-1)
 開催:毎週日曜
 時間:6:00~10:00
 HPはこちら



[PR]
by kidai_y | 2012-06-05 21:18 | 写真・東日本大震災

PHOTO REPORT ~ 閖上の白煙 ~ 閖上・宮城

d0080957_20594122.jpg
2012-4-11_14:04



 閖上朝市が開かれる市場や港と、閖上海水浴場がある砂浜の間には名取川の河口から続く広浦という湿地帯がある。付近には松林や葦原が広がり野鳥や昆虫が多く見られる自然豊かな場所だったようだ。
 仙台市内の海沿いを南北に繋ぐ県道10号線から閖上港の方にかけて、茶色い平野が広がっている。その何もない場所に道路が走り電柱が並んでいるだけの場所を抜けると港に辿り着く。

 広浦自体はそれほど大きくなく、対岸までは150mほどだ。
 大きな焼却炉の煙突から白い煙が勢いよく立ち上っていた。黒い雨雲が背景にあると焼却炉の煙が余計に白く見えた。風に吹かれて斜めにゆったりと流れていた。
 この施設は2012年3月30日に稼働した。一日あたり約190tの処理能力がある。この他にも仙台市、亘理町、山元町、石巻市などの焼却施設が次々に稼働し始めている。
 宮城県内で処理しなくてはならない廃棄物量は約1500万tある。


d0080957_20591882.jpg
20111年9月時点ではまだ瓦礫が積み上げられている状態だった

2011-9-3_16:29


d0080957_2128493.jpg
2012-4-11_14:20


d0080957_20594762.jpg
2012-4-11_14:06


d0080957_20595071.jpg
2012-4-11_14:26


d0080957_20595963.jpg
2012-4-11_14:09


d0080957_20593771.jpg
2012-4-11_14:00



/* ----- 名取市 - 宮城 - 2012 - Nikon D700 ----- */



[PR]
by kidai_y | 2012-04-18 21:56 | 写真・東日本大震災

PHOTO REPORT ~ 純米酒 閖 yuri ~ 名取・宮城

d0080957_19465589.jpg
2012-4-13



 ど根性ガエルはひろしのトックリシャツに潰され貼り付いてしまったカエル、ぴょん吉のことだ。しかも人語を話す。怪談だ。これはマンガなので実際に見ることはできない。
 我々の目にも見えるど根性は、アスファルトを割って生えてきた大根や石を割って成長する石割桜などがある。街路樹の根が広がり歩道をでこぼこにしているのも同じようなものだ。
 津波にのまれ、瓦礫に埋もれていた酒造タンクから掬いあげられたお酒も、ど根性だと思う。


d0080957_19465844.jpg

 
 タグに書かれていた文章を引用します。
「平成23年3月11日、東日本大震災により宮城県名取市閖上は地震と津波により町は無残にもそのほとんどを失ってしまう。
 閖上にある創業140年、宝船 浪の音 醸造元「佐々木酒造店」は人的被害は無かったものの、店舗・蔵などの製造場は壊滅。新酒が貯蔵されたタンクも瓦礫の中に埋もれてしまう。
 震災から1年。閖上の復興を実感できる形にしたいと志を同じくしてくれた仙台市荒町「森民酒造本家」様を始め全国の醸造家より多大なご協力を得て、閖上に眠る酒を『震災復興酒 閖(yuri)』として世に送り出すことができました。
 被災地より復興を目指す地酒を、宮城の肴と共にご賞味いただければ幸いです。」


d0080957_1947130.jpg


「震災復興酒 閖(yuri)」
 原材料 米(宮城県名取市産「蔵の華」)
      米麹(宮城県名取市産「蔵の華」)
      水(宮城県名取市上余田の自社井戸より)
 アルコール度数 15度以上16度未満
 精米歩合 60パーセント
 日本酒度 +1
 平成24年3月製造(3月11日から販売開始)
 価格 1,980円(税込)720ml

 製造元 森民酒造本家 森さち
      宮城県仙台市若林区荒町53番地
 販売元 佐々木酒造店
      宮城県名取市美田園7丁目1番1号
      022-398-8596


/* ----- 宮城 - 2012 - Nikon D700 ----- */



[PR]
by kidai_y | 2012-04-13 20:10 | 写真・東日本大震災

PHOTO REPORT ~ 一生朋友 一生感謝 ~ 名取・宮城

d0080957_2034270.jpg
2012-4-11_19:44



 プレハブ造りの長屋店舗の中、古い知り合い達に囲まれながら笑顔で色紙を持つ女性。
 大きな色紙には「一生朋友 一生感謝」と書かれている。
 色紙を持っているのは早川礼子さん。中華料理店「豊華」のオーナーだ。 今日(2012年4月11日)名取市美田園にある閖上さいかい市場内で新店舗が開店したのだ。
 「豊華」の名前を一躍有名にしたのは水餃子だ。震災前、名取市閖上港で毎週開かれていた閖上朝市で販売していた、厚い皮で大ぶりの食べ応えのある熱々の水餃子を甘めのキムチと一緒に食べる「元祖ゆりあげ水餃子」は、毎回行列ができるほどの人気ぶりで、名取市内や仙台市はもとより山形や福島など県外からのリピーターも多かったという。
 津波により閖上港周辺が壊滅してしまったことで朝市も暫く中断していたが、早くも2011年4月17日からイオンモール名取の駐車場に場所を移して再開した。
 豊華の水餃子も朝市の再開とともに復活。僕は昨年5月にイオン駐車場で開かれた朝市に行き水餃子を食べた事がある。ボリュームのある水餃子の美味しさははもちろん、早川さんの明るさと、看板に描かれていた不死鳥の絵が印象的だった。
 その時の縁で、先月友人の新聞記者が中国人新聞記者と共に東北取材に来た際に早川さんを紹介させていただいた。そして今回の開店祝賀会にも誘っていただいたのだ。


 早川さんは中国東北部(かつて満州があった辺り)で10人兄弟の末っ子として生まれた。母は日本人、父は中国人。水餃子の作り方は父がよく作っていたのを手伝いながら覚えたそうだ。
「お父さんは怖い人だったので他の兄弟はみんな近寄らなかったんだけど、私はお父さんのことが好きだったからいつも一緒にいたのよ」と中国語混じりの日本語で話してくれた。日本に来て20年くらいが経つが、日本語より中国語の方が得意そうだ。
 上のお姉さんが宮城県で働いていたため、夫と共に来日後は宮城県内で働いたそうだ。その当時一緒の職場で働いていたというご夫婦も食事会にいらっしゃっていた。日本語もろくに喋られないし見ず知らずの土地で暮らし始めたばかりなのに、それはそれは明るく一生懸命働いていたそうだ。「娘さんが生まれても、暫くお姉さんに赤ちゃんを預けて仕事していたくらい」と元同僚だった女性が教えてくれた。その娘さんは高校生になり、お店を手伝っている(それとお母さんの通訳も)。

d0080957_20341816.jpg
水餃子



 中国から日本に帰ってきて、閖上朝市で始めた父から受け継いだ水餃子は、今では閖上朝市を代表する名物料理になった。
「名取は私の第二の故郷。だから何か恩返しがしたい」
 友人の取材でも迷わずそう答えていた早川さん。今回、常設店舗が名取市内にオープンした。閖上朝市とともに、2012年2月4日に開店した復興仮設店舗 閖上さいかい市場を明るく元気にしてくれるだろう。
「みんな私のともだち!」
そう言って早川さんは豪快に笑った。

d0080957_20343078.jpg


d0080957_20343226.jpg





d0080957_2034836.jpg


d0080957_2034111.jpg


d0080957_20342012.jpg


d0080957_20342642.jpg


d0080957_20342495.jpg



◎◎ 本格中国料理 豊華 メニュー ◎◎

 水餃子(5個)・・・・・400円
 焼餃子(5個)・・・・・400円
 蒸餃子(5個)・・・・・400円
 揚餃子(3個)・・・・・400円
 焼 売(5個)・・・・・400円
 肉まん(1個)・・・・・200円

 ラーメン(豚骨、醤油、台湾風など)・・・・・500円
 チャーシューメン・・・・・700円
 炒 飯(スープ付き)・・・・・600円
 炒 飯(エビ入り・スープ付き)・・・・・650円

 青椒肉絲(チンジャオロース)・・・・・800円
 白菜炒木耳(白菜とキクラゲの炒め物)・・・・・800円
 麻婆豆腐・・・・・650円
 酢豚・・・・・850円
 エビチリ・・・・・850円
 エビマヨ・・・・・800円
 唐揚げ・・・・・350円
 中華飯・・・・・650円
 ニラレバ炒め・・・・・680円
 豆苗炒め・・・・・700円
 八宝菜・・・・・700円
 回鍋肉(ホイコーロー)・・・・・700円
 トマトと卵の炒め(ファンジエチャオジータン)・・・・・800円 (中国ではこればかり食べてました)
 もやし炒め・・・・・700円
 味付き豚足・・・・・700円
 その他中国東北家庭料理など

 ソフトドリンク各種・・・・150円
 生ビール・・・・・450円
 瓶ビール(アサヒ、エビス)・・・・・500円



 「本格中国料理 豊華(閖上さいかい市場店)」
 場所:宮城県名取市美田園7丁目1-1 閖上さいかい市場C棟1
 時間:10:00~21:00
 定休:水曜日
 電話:080-3336-7555

 閖上朝市は毎週日曜6:00~10:00、名取イオンモール西側駐車場にて開催中です。


/* ----- 名取市 - 宮城 - 2012 - Nikon D700 ----- */



[PR]
by kidai_y | 2012-04-12 22:03 | 写真・東日本大震災

PHOTO REPORT ~ ここからまた始まります ~ 名取・宮城

d0080957_23165233.jpg
2012-4-11_19:03



みんなでわいわい食べると、美味しい料理がより美味しくなりますね。

名取市閖上朝市名物の水餃子を作っている中華料理 豊華さん。
閖上さいかい市場内にて本日(2012年4月11日)開店しました。
詳細は明日報告します。


/* ----- 名取市 - 宮城 - 2012 - Nikon D700 ----- */



[PR]
by kidai_y | 2012-04-11 23:27 | 写真・東日本大震災

PHOTO REPORT ~ 不死鳥と餃子  ゆりあげ港朝市inエアリ・名取 ~

d0080957_19311266.jpg


宮城県名取市にあるイオンモール名取エアリ西側駐車場にて午前6時から10時まで開かれている「ゆりあげ港朝市」に行った。

もともとの「ゆりあげ港朝市」は、名取市ゆりあげ漁港で毎週日曜朝に開かれていた宮城県内で最大規模の朝市だったが、3月11日の震災によりゆりあげの港も壊滅的な被害を受け朝市を続けることが不可能になった。
現在は上記大型ショッピングセンターの駐車場に場所を移し、2011年4月17日(日)から毎週開かれている。

新鮮な魚介類を始め、野菜、生花、ソバなどの屋台が並び、家族連れをはじめたくさんのお客さんで賑わっていた。

そんな中、元気な呼び声と香りにつられ、中国料理「豊華」さんの水餃子(5個いり300円)を一椀食べてみた。
モチモチの皮の中に、ジューシーなひき肉が詰まっている熱々の水餃子で、朝食にぴったりだった。


店主の早川さんが、お店は仙台市内にあり無事だったが、ゆりあげの朝市のために置いてあった営業車が津波で破壊されてしまったと、写真を見せながら話してくれた。

一緒に働いているご家族の方や中国紙の記者の方と中国語で会話をしていたのでてっきり中国の方だと思っていたのだが、ご両親が中国残留孤児で20年前に日本に帰ってきたのだそうだ。

こんなに美味しい水餃子が作れる理由が分かった気がした。
その他、濃厚な味のスープがじわりと出てくる小籠包もかなり美味しい。

僕が明日から気仙沼へ行くと言うと、「なにか向こうの避難所などで食べ物に困っていたら電話して」と電話番号を教えてくれた。
この朝市に参加しているのも同じだろうが、被災地の方へ何かしたいのだと言っていた。




早川さんの友人である中国紙記者のチョウさんに、僕は3月11日に雲南省にいてテレビで地震の報道を見ていましたというと、あのような報道は中国では初めてのことだと言った。
それまで中国国内で報道される日本に関するニュースやNHKの映像は、必ず編集されて使用されていたのだそうだ。当然生中継の映像などが中国国内で流されることなどは無かったらしい。

しかし僕も見ていたように、地震に関してはほとんどNHKからの生中継の映像がそのまま中国のニュースとして放映されたのだ。
またその後の震災関連のニュースもほとんど手を加えられることなく使用されていた。

その映像の中の日本人は震災被害に苦んだり、亡くなった家族を悲んだり、助け合って極限状況を乗り越えようと努力したり、支援してくれた人へ笑顔で感謝したりしていた。
それは今までの日本人に対する報道とは全く違ったもので、日本人も自分たち中国人と変わらないのだということを初めて知った人も多くいたそうだ。


今の状況を乗り越えた先には、より良くなった日本はもちろんだが、今までとは違う「世界」もやってくるのではないかと思った。


d0080957_1931213.jpg

d0080957_19312511.jpg
早川さん家族。左から2番目の女性が早川礼子さん。
d0080957_193130100.jpg

d0080957_19313281.jpg
朝市の他、横浜からやってきた大道芸の方々が素晴らしいパフォーマンスを披露した。この写真はまろさん。




/* ----- 名取 - 宮城 - 2011 - Nikon D700 ----- */
♪ /


[PR]
by kidai_y | 2011-05-15 20:35 | 写真・東日本大震災