アジアのカケラ

- Something from around Asia -

タグ:松島町 ( 3 ) タグの人気記事

PHOTO REPORT ~ 光路照椛 ~ 円通院・松島

d0080957_21341275.jpg
2012-11-24_18:58



 光の路の先には。


d0080957_21341673.jpg

d0080957_21341968.jpg

d0080957_21342652.jpg

d0080957_21342254.jpg



 昼間は見ることのできない、明るく照らされた秋色の天蓋がありました。


d0080957_21342847.jpg


 モミジ(紅葉、椛)の花言葉の1つは、「大切な思い出」だそうです。


/* ----- 仙台 - 宮城 - 2012 - Nikon D700 ----- */



[PR]
by kidai_y | 2012-12-01 18:18 | 写真:日本

PHOTO REPORT ~ 鏡下水月 ~ 円通院・松島

d0080957_20403260.jpg
2012-11-24_19:43



 宮城県松島町にある円通院。
 伊達政宗の孫、光宗公の菩提寺です。

 小堀遠州の手による広い庭園は紅葉の時期になるとライトアップされ、黄や橙、赤に色づいたモミジが闇の中に美しく浮かび上がります。

 鏡のような池に映った夜空に浮かぶ月が印象的でした。


d0080957_20404951.jpg

d0080957_20405361.jpg


d0080957_20404651.jpg


d0080957_20405773.jpg
 かぐや姫も(笑)

/* ----- 松島町 - 宮城 - 2012 - Nikon D700 ----- */
鏡花水月 / Sonido del Viento




[PR]
by kidai_y | 2012-11-30 20:52 | 写真:日本

PHOTO REPORT ~ 行くべき方へ  陸前富山・宮城 ~

d0080957_11205125.jpg
2011_04_07_12:24



この場所を歩いた時は吹く風もまだまだ冷たくて、桜の枝に並ぶ蕾は固く閉じてなかなかやって来ない春を静かに、その時のための力を蓄えながらじっと待っているように見えた。

足元はうっすらと灰色の塩が吹き出た泥の層に覆われていた。
海と陸を隔てる小さな丘と線路の間にある細い道である。
湿った濃褐色の斜面に遠慮がちに黄緑色の雑草が生え、冬を耐えた枯れ枝のような木々が細々と枝を広げている。
その中に伸びる灰色の道は異様な色の組み合わせに思えた。

ところどころに萌黄色の小さな塊が見えた。
ふきのとうが塩に覆われた地面から顔を出していた。

どこを目指して良いのか、ここで何を見たらいいのか分からなくなりそうだった僕を導く誘導灯のように、沈んだ灰色の道の中で明るく咲いていた。



今では桜も散り、山の木々もゆっくりとゆっくりと茶色から若葉色に着替え始めている。

どうすれば良いのか、何が正解なのか分からないかもしれないけれど、とにかく前へ進んでいくことが大切だと思う。

たぶん行くべき方向は分かっているのだ。
そして進んでみなければ次は見えてはこないのだ。

しっかり自分の目で見て考えて進んでいけば、たとえ方向が分からなくなってしまったとしても次の場所への灯りは自然と見えてくると思う。


---------------------------------------------------------------------

宮城県松島町 仙石線陸前富山駅付近 2011年4月7日
(つらい写真もありますが、少しでも何かを感じて頂きたいので敢えて本記事に載せました)

d0080957_11224386.jpg
2011_04_07_11:57

d0080957_11224539.jpg
2011_04_07_11:49

d0080957_11224683.jpg
2011_04_07_11:55

d0080957_11224897.jpg
2011_04_07_12:17

d0080957_11225088.jpg
2011_04_07_12:38

d0080957_11225145.jpg
2011_04_07_12:18

d0080957_11225317.jpg
2011_04_07_11:58



/* ----- 松島町 - 宮城 - 2011 - Nikon D700 ----- */


[PR]
by kidai_y | 2011-05-01 23:50 | 写真・東日本大震災