アジアのカケラ

- Something from around Asia -

タグ:福井 ( 92 ) タグの人気記事

10月終わり ・・・福井市・福井

d0080957_2225377.jpg
2012-10



いろいろなことが重なって、気がついたら10月が終わっていた。

あっという間だったなあ。


/* ----- 福井 - 福井 - 2012 - Nikon D700 ----- */
大きな栗の木の下で / ゴスペラーズ





[PR]
by kidai_y | 2012-10-31 22:11 | 写真:日本

PHOTO REPORT ~ 遠くの台風と、秋の空 ~ 鷹巣@福井

d0080957_2045451.jpg
2012-9-17_17:49



 台風16号がちょうど韓国国内を縦断していた9月17日の夕方。
 福井市鷹巣海岸。
 500キロくらい離れてはいるが、この海の先は韓国、ユーラシア大陸だ。

 風は強いが、海岸にいるせいか市街地ほど暑くは感じなかった。
 昨日は台風へ吹き込む暖かで湿った南風のおかげで、福井市内の気温は34.7℃。そのまま熱は下がらず、今朝の最低気温は26.9℃。
 どおりで寝苦しかったわけだ。

 台風一過の夕焼け空を期待していたのだけれど、いつもと変わらない夕暮れの海だった。
 ただ、真夏を思わせるくらい暑い一日だったのに、雲は秋っぽかった。

 日が暮れると、周りの草むらからはひっきりなしに鳴くいろいろな虫の声が聞こえてくる。
 なんだか季節外れの気温が続くと分からなくなってくるけれど、空には掠れはじめた雲、地面からは秋の虫の鳴き声、そして稲が刈り取られた田んぼ。
 秋は始まっているんですね。


d0080957_20451632.jpg


d0080957_20452034.jpg


d0080957_20452396.jpg




/* ----- 福井市 - 福井 - 2012 - Nikon D700 ----- */



[PR]
by kidai_y | 2012-09-19 21:11 | 写真:日本

PHOTO REPORT ~ あじさいのうた ~ 福井

d0080957_23402496.jpg
2012-7



 ♪あーじーさいーのーはなにーつつまれてー
 
 “あじさい”から始まる福井市民の歌
 福井市民なら誰でも知っている、はずです。
 福井市政100周年を記念して1989年にられました。

 学校などで歌った記憶はないのにもかかわらずなぜか耳馴染みがあるのは、朝晩一日二回聞こえてくるからです。
 まずは朝。ゴミ収集車のBGMとして使われています。朝の目覚めの曲なのです。
 そして夕方。17時なると市内各地区に設置されている防災無線スピーカーから流れてきます。僕にはこちらの方が馴染みがあります。
 こんなにヘビーローテーションされていても飽きが来ないのは、やっぱり市民の歌にふさわしい曲だからなのでしょうか。
 たとえばゴミ収集車のBGMは、お猿の駕籠屋だホイサッサみたいな童謡やオルゴール曲などの場合もありますけれど、歌入りでしかも「市民の歌」を使うことはあまりないでしょうね。
 でもこれだけ普段から耳にしているからこそ、この曲が「福井市民の歌」とは知らなかったとしても、久しぶりに帰省した時などに耳にすると「福井に戻ってきたなあ」という気持ちにさせるのではないでしょうか。
 また、余所の町で聞いた場合は「なんでここで流れるのだ?福井だけではないのかな?」と思うことで福井を思い出させるのです。
 知らず知らずのうちに福井人として洗脳されているわけですね。
 この歌はワンちゃんさえも引き付けるらしいですよ。

d0080957_23403430.jpg


 防災無線スピーカーから流れてくる夕方の歌。
 歌詞までは聞きとれなくても、メロディーならちゃんと分かった記憶があります。
 しかし防災用のスピーカーから聞こえてくる音声の言葉が聞こえないというのは問題があるのではないかとちょっと思ったりします。声だけの放送ならもっと通りやすいのかもしれませんけれど。
 友人の住んでいる地区は小山や谷が多いせいか、あちこちのスピーカーからの距離による微妙な遅れと、それぞれが「こだま」してしまうことで、カエルの合唱みたいな状態になってしまいうまく聞きとれないのだそうです。
 防災を意識して「福井市民の歌」を聞いたことはありませんでしたが、
これの聞こえ具合を普段からチェックしておくことも防災対策になる、のかな?

d0080957_23404020.jpg



/* ----- 福井 - 福井 - 2012 - Nikon D700 ----- */



[PR]
by kidai_y | 2012-07-13 23:45 | 写真:日本

Photo Stream ~ 手紙でも ~ 宮ノ下・福井県

d0080957_23232614.jpg
2011_11_01



旅をしているとき会話ができる人にほとんど出会わないことがあります。
日本人はもちろん、英語を話す旅行者すらいない町などざらです。

別段寂しいということもないのですが、話す相手がいた方がいいなあと思うことも正直あります。
1人だけでこんな経験にするのは惜しいなあと思ったり、自分では気が付かないことを見つけてくれるかもしれなかったり、それに場所の記憶と人の記憶が重なるので思い出がより鮮明になったりするからです。

たいていそんな時はよく手紙や絵ハガキを書いたりします。
いや、していました、です。
電子メールがあるとそちらを使ってしまいます。以前はPCメールがメインだったため使える端末を探すのに苦労していたのに、今では携帯電話があれば事足りてしまいます。
でもやっぱり手紙やハガキが届くと嬉しくなりますね。

旅先からではないにしても、いつも会っている人に手紙を書いてみるのも新鮮で良いかもしれません。
会って話そうということも実際会うと相手の話を聞いているうちに忘れてしまったり時間が無くなってしまったりしがちです。手紙だとじっくり自分の書きたいことを書けますからね。

久しぶりに手紙でも書いてみようかな。
そうコスモス畑の中で思ってみたもののうまく考えがまとまらなかったので、そして携帯でも写真を撮ってメールで・・・。

・・・なかなか手紙を書くのは大変ですね。


d0080957_23232893.jpg



/* ----- 福井市 - 福井県 - 2011 - Nikon D700 ----- */


[PR]
by kidai_y | 2011-11-08 23:38 | 写真:日本

Photo Stream ~ コスモス畑の中で ~ 宮ノ下・福井県

d0080957_23272639.jpg
2011_11_01



このコスモス畑にも毎年のように行っているのですが、花が植えられている田んぼは移動しているもののコスモス畑のある場所は同じですし、咲いているコスモスの種類もほぼ代り映えしないのではっきり言ってどのコスモスの記憶がいつの年のものやらだんだん区別が付かなくなってしまいます。
でも、たとえばあの年は生まれて8か月の甥っ子のコスモス畑デビューの写真を撮ったとか、この時は珍しく誰かと一緒だったとか、そういうことがあるとコスモス畑の記憶に「甥っ子がちっとも笑わず(眠かったのかな)大変だった」とか「コスモスバックで写真を撮るんだからもっと笑えと言われた(眠いわけではなかったのですが)」などの感情や会話が追加されます。
そうなると、ただのコスモスがなかなか忘れられない思い出になるというわけです。


d0080957_23273427.jpg
2011_11_01



ということは誰かと一緒にいるということが思い出に繋がりやすいということなのでしょうか。
僕は1人旅が好きで、というかむしろ旅は1人でするものでしょ、という主義です。
寒さで毛布にくるまりながら見上げたサハラ砂漠の月も、クリスマスイルミネーションで彩られたスペインの町も、集まった大勢の人たちが発するざわめきを聞きながらアンコールワットの背後から登る朝日を見ていた時も、たいてい1人でしたがとても綺麗だったし今でもよく覚えています。
でも1人でいた時の感動よりも、旅の途中で一緒になった旅行者と行動をともにしていたときとか、旅先で出会った現地の人たちと会話にならない会話を楽しんでいたときとか、そういうことの方がより印象に残り覚えている気がするのも確かです。

まあだからといって1人旅より誰かと旅した方が良いというのではなくて、どちらにもそれぞれの良さがあるのです。要はその時その時を楽しみましょう、ということが言いたいのです。

そんなことを、1人コスモス畑の中に立ってしみじみ思ったわけなのです。


d0080957_23273953.jpg


d0080957_23274943.jpg
これは何なんでしょ?




/* ----- 福井市 - 福井県 - 2011 - Nikon D700 ----- */
花の写真 / スピッツ


[PR]
by kidai_y | 2011-11-07 23:48 | 写真:日本

Photo Stream ~ コスモスの記憶と思い出 ~ 宮ノ下・福井県

d0080957_2394683.jpg
2011_11_01



記憶と思い出は同じようでちょっとだけ違う。

インプットされた情報をそのまま再現するのが記憶。
記憶力が良いというのは覚える能力の他にそれをそのまま保存して必要に応じて引き出すことことに優れているということ。そこに主観的な付け足しや演出は必要ないわけで、もしそんな記憶以外の要素が加わったら記憶違いということになってしまう。

これに対して思い出というのはその時の記憶にその時の感情や気持が合わさったもの。
音楽、美味しさ、さわり心地、匂い、一緒にいた人、嬉しい気持ち、悲しい気持ち、寂しい気持ちなど。
その時よく聴いていた音楽とか、驚いた経験とか、美味しかった食べものとか、そういうものは記憶と結びつきやすい。
思い出は事実とはちょっと違っていたとしても、それはその人にとって間違いなく真実なのです。

だから正確な日付や行動までは覚えていなくても、その時の気持ちの方をよく覚えている。
ということは例えば「コスモスを見た」ではなくて「一面のコスモス畑見て感動した」、「本を読んだ」ではなく「本を読んで泣いてしまった」というふうに、普段の行動に何か一つ感情を込めるようにすれば良いということです。

記憶力が歳を取るにつれて悪くなりすぐに忘れてしまうことが多くなったとしても、心地良い思い出をたくさん作って、それらを1つでも多く残していきたいですね。


d0080957_2395634.jpg


d0080957_2310748.jpg


d0080957_2310137.jpg



/* ----- 福井市 - 福井県 - 2011 - Nikon D700 ----- */
♪ /


[PR]
by kidai_y | 2011-11-03 23:37 | 写真:日本

情報誌「Fu-D」に写真が紹介されました

d0080957_2375288.jpg


本日2011年7月15日発売の情報誌「Fu-D」に、僕の写真が紹介されています。

僕の写真について的を得た解説をしていただいています。
アート紹介のコーナーなので、本当は写真展が開催期間中なら良かったんですけどね。
写真展はもう終わっています。

福井、加賀地域のコンビニ等で購入できますので、ぜひご一読ください。

それに合わせて、写真展会場で展示、配布していた文章をホームページにまとめました
このブログ掲載時から、写真を追加したり、地図上を付与したりしています。

d0080957_2375747.jpg


d0080957_2375936.jpg

[PR]
by kidai_y | 2011-07-15 23:17 | お知らせ

PHOTO REPORT ~ 写真展終了 ありがとうございました ~

d0080957_23183276.jpg



2011年6月4日から始まり7月10日までの長期間にわたって、福井市駅前にある「えきまえKOOCAN」で開催されていた写真展「アジアのかけら ~私たちにいまできること~」が本日無事終了しました。

今回の写真展は今までのような「旅」に関するものではなく、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震を取材した写真を展示したものでした。
写真と文章を通して被災地から遠く離れた福井に住む人たちに何かを感じてもらい、何ができるかを考えるきっかけにしてもらえたら、というのが企画意図でした。

来ていただいた方と話をする機会がありました。
こういう写真を見ることができて良かったと言われたことで、最初思っていた「果たして展示するべき写真なのだろうか」という不安がなくなりました。

これらの写真の中の風景の半分はもう見ることができません。
4か月かけて地道に続けてきたがれき撤去や復興作業が確実に成果を上げているからです。

でもまだまだこれからです。
写真を見ていただいた方も、見ることができなかった方も、もう一度改めて、今僕たちに何ができるかを考えてみてください。
それはきっと被災地のためだけではなく、自分たちの将来をより良いものにしていくことに繋がることだと思います。


d0080957_2316430.jpg


d0080957_2316722.jpg


d0080957_23161014.jpg


d0080957_23161338.jpg


d0080957_23163174.jpg


d0080957_23161586.jpg


d0080957_23161828.jpg


d0080957_23162011.jpg


d0080957_23163645.jpg


d0080957_23162240.jpg


d0080957_23162523.jpg


d0080957_23162793.jpg



元市議のGさん、福井県庁のFさん、システムグラフィのMさん、ファミールのKさん、福井新聞の匿名の記者様、福井テレビのM記者、Kカメラマン、えきまえKOOCANのTさん、Sさん、福井街角放送さん、Enjoy Mytown Project in FUKUIのまめたんさん、大変お世話になりました。

ボランティア資料に文章を書いていただいたTANAさん、資料を参考に気仙沼へ行かれたhige-Gさん、お疲れ様でした。

仙台のNさん、多岐に渡るご協力どうもありがとうございました。

四日市のFさん、敦賀のMさん、越前町のMさん、福井のYさん、Mさん、富山のUさんをはじめ、来ていただいた方、見ていただいた方、関心を持っていただいた方、お話を聞かせていただいた方々、本当にありがとうございました。


d0080957_23163815.jpg





/* ----- 福井駅前 - 福井 - 2011 - Sony DSC WX-5 ----- */


[PR]
by kidai_y | 2011-07-10 23:14 | 写真・東日本大震災

PHOTO REPORT ~ 福井のまちかどで ~


福井駅前商店街では2011年7月1日~7日まで「福井七夕祭り」が行われています。

3日の日曜はガレリア元町というアーケード商店街で「七夕うまいもん祭り」と題してさまざまな出店が並んでいました。

いくつか震災支援の団体があったので紹介します。

d0080957_22593737.jpg


d0080957_22594039.jpg


福井県立大学生が運営している東北3県(岩手、宮城、福島)の美味しいものを販売する店です。
多くのお客さんが足を止めていました。
陸前高田へ福井県のボランティアバスに乗って災害ボランティアへ行ってきた学生さんもいて、活動報告がパネルで紹介されていました。

美味しいものを食べてもらってその売り上げが支援に繋がるというのは、現地へ行けない方々にもできることだと思うのでこういう企画がもっと開かれると良いと思います。





d0080957_22594479.jpg


d0080957_22594799.jpg


d0080957_22595177.jpg


ふくい未来ビレッジ・ネットワーク」が行っていた「笑顔の輪」プロジェクトです。
被災地の保育所や幼稚園にお花を贈ろうという活動で、子供たちの作ったお礼の寄せ書きも展示されていました。
部屋や教室にお花があると明るくなりますもんね。

3月中の段階で石巻へ支援へ行かれいたようで活動報告の写真の展示もされていました。
8月からは現地と調整しながら、福井から石巻へボランティアバスを走らせる予定だそうです。
個人ではなかなか活動するのが難しいので、何か行動したいと思っている方はこういう企画に参加するのも良い方法だと思います。福井県の派遣は8月末で終了してしまうので、今後はこういった団体が中心になっていく必要があるでしょう。




d0080957_22595585.jpg


物産販売で買った「岩手の南部せんべい」と「福島伊達のリンゴジュース・林檎の想い」です。
d0080957_22595812.jpg

そして今日東北から届いた「山形のさくらんぼ」です。

美味しそうでしょう?


/* ----- 駅前 - 福井 - 2011 - docomo P-04a ----- */
♪ /


[PR]
by kidai_y | 2011-07-04 23:41 | 写真・東日本大震災

Photo Stream ~ 明日君がいなきゃ困る ~  足羽山・福井


d0080957_22375560.jpg



空には雲で、雨降りで、見上げても星ひとつなくて。

でも案外身近なところで見つけられるかも。

週末は傘を持ってアジサイの星でも探しに行きましょう。



d0080957_22375887.jpg



/* ----- 足羽山 - 福井 - 2011 - Nikon D700 ----- */
スターゲイザー / スピッツ


[PR]
by kidai_y | 2011-06-24 22:56 | 写真:日本