アジアのカケラ

- Something from around Asia -

PHOTO REPORT - がんばっぺし!  気仙沼・宮城 -

d0080957_22364652.jpg

宮城県の北端ある気仙沼に来ています。

日本有数の漁港がありフカヒレでも有名な町です。

津波の後の火災で港の辺りには焼けた建物や車が今でも残っています。
火災を免れた市街地の方も、結構高い場所や海から離れた奥の方まで津波が来たようです。
信号が無くなっている交差点や、街灯も点かない真っ暗な商店街を通ると、地方の町にありがちな寂しい雰囲気の気仙沼駅前の通りも街灯が点いているだけで安心感が増す気がします。



ボランティアセンターの近くには車中泊用の駐車場があり、飛騨、八王子、神戸、福井など県外の方がとても多く来ている事が分かります。
昨日一緒に作業した5人は、山形、長野、愛媛、福岡、鹿児島からでした。
今日の9人は岐阜、千葉、神奈川、東京、アメリカ3人です。

話を聞くとボランティアをする町を探すのが難しいらしいです。
市外県外からの受付を行っているか、宿泊場所はあるか等を事前に調べて決めるので、ホームページ等でそういう情報をきちんと提供し、外部からの協力を受け入れる環境作りをしている町へ多く集まっているようです。


一緒に活動してみて感じるのは、一生懸命になりすぎず楽しく活動しているということです。

よく見かける「ボランティアの心構え」等を読むと、活動するには大変な精神と体力と気持ちが必要なんだと思い込み躊躇してしまいそうですが、実際はそんなことはないです。

やってみたい気持ちが一番大切だと思います。


/* 気仙沼 / 宮城県 / 2011 / docomo P04-A */
[PR]
by kidai_y | 2011-05-17 22:36 | 旅:中継