アジアのカケラ

- Something from around Asia -

アジアのかけら~私たちにいまできること~ 12. 花見でもマンガでも

d0080957_23293195.jpg
2011_04_17_14:30



 福島市にある花見山は桜の名所の1つである。
 数種類の桜をはじめ黄色いレンギョウや真っ赤なボケなども植えられ、春には色とりどりの花が咲く。

 花見関連イベントが各地で自粛され、特に福島は放射性物質飛散などの影響で見物客は少なかったものの、地元のボランティアの方が交通整理を行い例年と変わらなく咲いた桜を多くの方が楽しんだ。


d0080957_23293490.jpg
2011_04_17_15:04




 2011年4月23日(土)、福島県川俣町川俣体育館において原発事故による川俣町の風評被害を払拭するためのチャリティーイベントが開催された。

 発起人は東京吉祥寺でホルモン焼きの店「わ」を経営されている光山英明氏と、そこの常連客である「カイジ」で有名な漫画家の福本伸行氏。
 ホルモン焼肉やカレー、たこ焼きの炊き出し、そして川俣町の特産品である川俣シャモの焼き鳥や川俣シャモの親子煮、福島県産のキュウリなどが来場した人たちに振舞われ、地元産品の即売も行われた。
 また、福本氏の呼びかけに賛同した西原理恵子氏、浦沢直樹氏などの著名な漫画家の方々も参加し、サイン会を行った。

 地元川俣町の皆さんを始め漫画家さんのファンなど多くの人々が来場し、風評被害や町の半分が計画的避難地域に指定された川俣町を盛り上げるのに一役買っていた。

 体育館ロビーでは放射線スクリーニングも行われていた。
 小雨の振る中で炊き出しの列に並んだりしたので検査をしてもらったが、ほとんど計器は反応せずまったく問題がなかった。

 きっと今日来場した人たちは風評などに惑わされずにやっていける人たちであろうし、自分たちが今日の現場で感じたことを周りに伝えることで少しでもいわれのない被害に苦しむ地域や住民を微力ながらも支えていくことができる人たちだと思う。

 芸能人などが被災地を訪れ炊き出しや避難所訪問を行っていることがニュースで取り上げられている。
 実際どういう活動を行っているのかの詳細は分からないが、一般の人々に何かしらの影響力を持つ著名人が被災地を訪れ、それがメディアで報道されたり、各自のブログやホームページ等で紹介されることで、それまで関心が無かった層にも震災の状況や現地で苦労を強いられている方たちのことを考えるようになるきっかけの1つになるはずである。
 また、支援や観光などで実際に外部からいろいろな人が訪れることが避難所に限らず東北地方の人々にとっては嬉しいことであるし、そのことで地域が活気付くのだ。


d0080957_23293776.jpg
2011_04_17_14:56




/* ----- 花見山公園 - 福島 - 2011 - Nikon D700 ----- */


[PR]
by kidai_y | 2011-06-28 23:33 | 写真・東日本大震災