アジアのカケラ

- Something from around Asia -

PHOTO REPORT ~ 猫と暮らす島 ~ 田代島・宮城県石巻市

d0080957_2253438.jpg
2011_08_11_15:47



本来はもっともっと猫がいるはずの田代島だが、歩けども歩けどもネコに出会わない。
細い路地の曲がり角や塀の影からひょっこりと顔を出すネコを期待しながら大泊まで行ったものの、そこにもいない。

漁師見習いの若者に「猫ですか?」と聞かれた。ここにはあまりいないですねと言うと「そうでもないですがこの浜には少ないです」と言われ、なんだかますますネコが気になってきた。
小さなおばさんに猫のことを尋ねると、やはり「二斗田には多いけれど大泊にはあまりいないね」とのことだった。
せっかく猫の島に来たのに、このままだと会えたのは置物のネコだけになってしまう。
それは寂しい。


大泊からトラックで二斗田港に戻り、建物の前に5、6匹が寝そべったりウロウロしたりしているのを見てホッとした。人を気にせず好き勝手なところで好きなことをしていた。
きれいな小顔の縞茶の猫をなでていると、同じフェリーに乗ってきていた男性が「その猫をかわいがっていると黒い猫がヤキモチ焼くんですよ」と言った。
そういえばさっきから黒くて顔の大きな猫が少し離れた場所を行ったり来たりしながら僕の方を見ていた。
「お前もなでて欲しいのか」と手を伸ばすとプイっと向こうへ行ってしまい、また暫くすると近くに来る。
僕は縞茶さんのあごの下をくすぐり、寝そべっている脇腹をワシワシと撫でた。
彼女の目がきゅーっと細くなった。


フェリーが着いた午前中は立ち話をしているおじさんたちがいた集落センタ前には、今はおばあさんたちが世間話をしていた。
その横を猫がゆっくりと歩いていた。


港の端に積み上げられた瓦礫の山の向こうに網地島から来たフェリーが見えた。
「船が来たよ、間に合うの~?」
そう言うおばあさんたちに「大丈夫ですよ~」と答え、僕は船着場の方へ向かった。



d0080957_22532676.jpg
2011_08_11_14:26


d0080957_22534518.jpg
2011_08_11_15:00


d0080957_2254833.jpg
2011_08_11_14:29


d0080957_22542710.jpg
2011_08_11_14:27


d0080957_22543813.jpg
2011_08_11_14:57




/* ----- 田代島 - 宮城 - 2011 - Nikon D700 ----- */


[PR]
by kidai_y | 2011-09-01 22:59 | 写真・東日本大震災